ブランド楽座はブランド品や金やアクセサリーなどのブランド買取専門店です。

ブランド楽座

0120-916-034店頭買取でも電話予約をお受けいたします。

  • 宅配ブランド買取
  • 店舗ブランド買取
  • 出張ブランド買取

ルイ・ヴィトン 時計の高額買取りならばブランド楽座にお任せください。
業者価格で買取り致します。是非ご利用ください。

店頭買取でも電話予約を受付中です。
0120-916-034
  • 宅配買取お申し込み
  • 写メール査定

実績のご紹介

  • ルイ・ヴィトン (LOUIS VUITTON) タンブールビジュ Q151K ダイヤ文字盤/ラグ ブラック

    出張買取
    東京

    ルイ・ヴィトン (LOUIS VUITTON) タンブールビジュ Q151K ダイヤ文字盤/ラグ ブラック

  • ルイ・ヴィトン (LOUIS VUITTON) タンブール アトラクション Q12M2 ダイヤ レッド クオーツ

    店舗買取
    東京

    ルイ・ヴィトン (LOUIS VUITTON) タンブール アトラクション Q12M2 ダイヤ レッド クオーツ

  • ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)  タンブール ラブリーカップ PM ブロンシュ

    店舗買取
    大阪

    ルイヴィトン(LOUIS VUITTON) タンブール ラブリーカップ PM ブロンシュ

  • ルイヴィトン(LOUIS VUITTON) タンブール Q12130村上隆コラボレート 限定モデル

    店舗買取
    大阪

    ルイヴィトン(LOUIS VUITTON) タンブール Q12130村上隆コラボレート 限定モデル

  • ルイ・ヴィトン (LOUIS VUITTON)タンブール GMT レヴェイユ / Q11520

    店舗買取
    大阪

    ルイ・ヴィトン (LOUIS VUITTON)タンブール GMT レヴェイユ / Q11520

  • LOUIS VUITTON Tambour GMT Ref.Q113M0

    店舗買取
    東京

    LOUIS VUITTON Tambour GMT Ref.Q113M0

選べる買取方法

宅配ブランド買取
宅配買取
自宅にいながら好きな時間に利用できる、送料無料のカンタン買取サービスです。
店頭ブランド買取
店頭買取
プロの鑑定士が目の前で査定!じっくりを査定結果を聞きたい方におすすめです。
出張ブランド買取
出張買取
お客様が希望する日時に、鑑定士がご自宅まで伺います。日本全国どこでもOK!

キズや汚れのある訳あり商品でも無料査定・買取可能!

アウトレットやマイナーブランドはもちろん、壊れてしまったりキズや汚れが目立つなどの訳あり商品なんでも買取いたします。「他のお店では買取してもらえなかった商品に想像以上の値段が付いた!」なんてケースも。捨てる前にぜひ一度、当社の無料査定をご利用ください。※ワレモノの買取に関しましては、現在のところ店頭買取および出張買取のみの対応となっております。あらかじめご了承ください。

  • ジュエリー・アクセサリー
    ジュエリー・アクセサリー
    チェーン切れ
    刻印がない
    石が破損
    一部部品がない
    変形・変色あり
    曲がっている
  • 時計・靴
    時計・靴
    止まっている
    ガラスが割れてる
    壊れている
    リューズがない
    ベルトが切れてる
    水没した
  • バッグ・財布
    バッグ・財布
    チャックが破損
    ハンドルが破損
    角がスレている
    カビが生えている
    シミ汚れがある
    金具が外れている

ルイ・ヴィトンの時計について

デザインの美しさはもちろん、その実用性の高さから世界でもっとも愛されているブランドのひとつとして、揺るぎない地位を確立している名門ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)。その歴史は1854年と古く、日本においては幕末の時代。ペリー率いる黒船4隻が浦賀に来航した頃まで溯ります。創業者のルイ・ヴィトンは14歳の頃に家出をし、16歳で200キロ離れたパリの街でトランク職人の見習いとしてキャリアをスタートさせた苦労人。33歳でパリのカプシーヌ通りに店を構える頃には、その人並みはずれた才能がヨーロッパ各国の王侯貴族にまで知れ渡っていたそうです。当初はトランクを専門に製造を続けていたルイ・ヴィトンですが、時代の変遷も相まって1890年代にはハンドバッグの製作もスタートさせています。ちなみにこの頃に発明された代表的ライン「モノグラム」は、現在でこそすべて機械で描かれていますが、当時は職人の手によってひとつずつ描かれていたそう。偽造対策の一貫とはいえ、職人たちの苦労がうかがえます。ルイ・ヴィトンが日本で注目されるようになったのは1970年代に入ってから。1978年に東京と大阪に6店舗の日本支店が設立されたのがその理由です。当時はまだ日本の一部のセレブリティの間でしか知られていなかったルイ・ヴィトンは、それから間もなくして会社全体の売り上げの半分を日本人が占めるというムーブメントを巻き起こします。 2002年から時計事業に本格参入したルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)。まだまだそのコレクションは数少ないですが、毎年魅力的なモデルをリリースしています。なかでも主力コレクションとして支持を集めているのが「タンブール」。複雑コンプリケーションや高級ムーブメントを搭載した本格モデルとして君臨するこの一本は、洗練されたシンプルなデザインが人気の理由です。また、レクタンギュラーケースを採用した「アンプリーズ」も、フォークロアな魅力をまとったラグジュアリーな腕時計として、女性たちを虜にしています。